代表挨拶

shinkai

新開 庸雅
(しんかい やすまさ)


A級国際中医按摩推拿医師
応急手当普及員
特定非営利活動法人 TCM小児推拿協会 理事長


中国には中国国家中医药管理局という厚生労働省に相当する部門があります。
この中医药管理局主導のもと、子供の急な発熱や下痢、便秘等に対して、中国伝統医学の一つである小児推拿(しょうにすいな)の簡単な手技手法を妊婦や新生児を持つ家庭に指導しています。


日本ではこのような制度や手技療法もなく、ベビーマッサージといえば主に親と子供のスキンシップとしか位置付けられていません。
実際に小児がいらっしゃるご家族の方に小児推拿の手技を伝えることによって、便秘の改善等さまざまな効果が出て、非常に喜ばれています。
そこで小児推拿を広く認知していただくために学習センターや文化サロンにて、小児推拿のセミナー等を開催し、持続的に推進し、社会全体へ活動を広げていく必要があると考え、そのためには社会的に認められた組織が必要だと考えました。

日本でも広く情報発信、技術者の指導と育成、普及促進に関する事業を行うことによって、小児推拿が補完代替医療として将来的に広く浸透すれば、親子のスキンシップ+α、薬の乱用や医療費抑制につながり、社会全体に広く貢献できると考えています。

我々が皆様のお役に立ては嬉しいと考えています。